【椅子の製造工程】

キャロについてテーブルの製造工程椅子の製造工程よくある質問

1.パーツの切り出し

イスの後ろ足、前足、とまく板を、キャロオリジナルの型を使用してルーターという機械で正確に切り出します。


キャロオリジナルの型はオーダーによって色々なサイズ・形に対応できるように常備しています。


2.ホゾ(凹)の作成

イスの一番肝心な木の接合になる部分。ここでもキャロオリジナルの型を使用して角ノミでホゾと呼ばれる凹を作ります。


キャロの家具はホゾ組みによって丈夫で長持ちしてお使い頂けるように心がけています。


3.ホゾ(凸)の作成

椅子の背板、まく板にホゾと呼ばれる凸を作ります。

4.座面のはぎ合わせ

座る部分の板をボンドでつなぎ合わせて、乾くまで24時間おきます。


5.塗装する

部材を一つひとつ丁寧にサンディング(磨き作業)します。

木の呼吸を妨げない自然塗料で塗装。24時間乾かします。


6.木殺しをする

自作した、通称『木殺しマシーン』でホゾと呼ばれる凸の部分をつぶします。

キャロの手作り家具は木殺しを行うことでホゾが抜けにくくしています!!

キャロの手作りテーブル、棚、机、テレビボードが永く使える秘密は、こうした一手間があるからなのです。

7.ホゾ組みして接着

後ろ足と背板をホゾ組みしてボンドで接着します。前足も同様に接着し、この状態で24時間置きます。

椅子の前の部分と後ろの部分をホゾ組みしてボンドで接着し、さらに24時間置きます。

8.仕上げ

座面もサンディング、塗装し足部と接着後、仕上げ用オイルを塗って磨きます。
24時間乾かしたら完成です。

ご使用にあたって

普段は水拭きで充分です。撥水性が気になる方には、キャロで使用しているオイルをおわけしてます。

キャロのテーブルは、木の呼吸を妨げない自然塗料を使用しています。マジック等は染み込んでしまいます。ご注意とご理解をお願いしています。

尚、木は加工した後も生きていると良く言われています。実際に御殿場からお客様に手作り家具を納品した後も季節の温度の違いから、木の反りがあります。まさしく、加工後も木が生きている証拠なのです。

  • テーブル
  • イス・ソファー・ベンチ
  • テレビ台
  • 学習机
  • ベッド
  • 引き出しチェスト
  • ハンガー
  • 下駄箱
  • 本棚
  • 電話台
  • PC台(パソコン置場)
  • オークPCデスク
  • キッチン家具
  • カウンター
  • カウンター(下)
  • 洗面家具
  • 壁つけ飾り棚・鏡
  • 郵便受けポスト
  • 表札(アイアン)
  • 店舗施工
  • その他、ボード
  • 小物家具


  • キャロについてテーブルの製造工程椅子の製造工程よくある質問