【テーブルの製造工程】

キャロについてテーブルの製造工程椅子の製造工程よくある質問

1.天板を作成する

木材を手押しかんなという機械で表面を平らに削り、貼り合わせてテーブルの天板部を作ります。机、棚、テレビボードを作る時も同じです。

木は製材といって板状に加工した後、乾燥するに従って反りが生じます。自動かんなという機械で板の厚みを合わせていきます。

テーブルの天板は大きさによって、3枚〜5枚貼り合わすことになります。

2.側面に溝を掘る

テーブルの天板部は木の張り合わせで作成しています。

キャロの手作り家具の特長は、掘った溝に薄い板を挟みボンドで接着。

湿度や乾燥による木の木の合わせ目の剥がれや、反りを防止します。

3.天板を貼り合せる

テーブルの天板を張り合わせ、ハタガネという道具で挟み込み固定します。このとき物によってはハタガネを20本ぐらい使用することも!!

4.ホゾ(凸)の作成

テーブルの足部・まく板部を切り出し、ホゾと呼ばれる凸を作ります。

5.塗装する

部材を一つひとつ丁寧にサンディング(磨き作業)し、木の呼吸を妨げない自然塗料で塗装。24時間乾かします。

6.木殺しをする

自作した、通称『木殺しマシーン』でホゾと呼ばれる凸の部分をつぶします。
キャロの手作り家具は木殺しを行うことでホゾが抜けにくくしています!!
キャロの手作りテーブルが永く使える秘密は、こうした一手間があるからなのです。

7.接着する

パーツを組み立て、ボンドが乾くまでハタガネで固定します。

8.天板部を取り付ける

すべての塗装が乾いたらテーブルの天板部を取り付けます。 

※写真のテーブルの裏側にある小さなパーツは、湿度や乾燥によるテーブルのゆがみや開きを出にくくするためのものです。

また、こま止めにすることでテーブルの天板が割れるのを防ぐことができます。

完全に固定してしまうと無理な力が掛かって、天板が割れてしまうこともあるからです。キャロの手作り家具は木の性質を理解した製造を行っています。

9.仕上げ

仕上げ用オイルを塗って磨きます。24時間乾かしたら完成です。

ご使用にあたって

普段は水拭きで充分です。撥水性が気になる方には、キャロで使用しているオイルをお分けしてます。

キャロのテーブルは、木の呼吸を妨げない自然塗料を使用しています。マジック等は染み込んでしまいます。ご注意とご理解をお願いしています。

尚、木は加工した後も生きていると良く言われています。実際に御殿場からお客様に手作り家具を納品した後も2〜3年は木の反りがあります。まさしく、加工後も木が生きている証拠なのです。

  • テーブル
  • イス・ソファー・ベンチ
  • テレビ台
  • 学習机
  • ベッド
  • 引き出しチェスト
  • ハンガー
  • 下駄箱
  • 本棚
  • 電話台
  • PC台(パソコン置場)
  • オークPCデスク
  • キッチン家具
  • カウンター
  • カウンター(下)
  • 洗面家具
  • 壁つけ飾り棚・鏡
  • 郵便受けポスト
  • 表札(アイアン)
  • 店舗施工
  • その他、ボード
  • 小物家具


  • キャロについてテーブルの製造工程椅子の製造工程よくある質問